教育委員会の動画配信は頼れない【有益なオンライン学習サイトを紹介】

お母さん

学校が始まる感じでもないし、子供の学習は大丈夫でしょうか・・。

ディラン先生

正直、学校現場もどうしていいものか手をこまねいている状態です。

国や委員会の対応を待っているだけでは、時間だけが無駄にすぎていってしまうのは間違いないですね・・。

 

こんにちは!ディラン先生です。

当ブログにお越しくださりありがとうございます。

 

この記事は、教育委員会の動画配信は頼れない【有益なオンライン学習サイトを紹介】というテーマで書いています。

 

長引くコロナの影響でなかなか休校が解除されそうにないですが、子供にとってのこの数か月はとてつもなく重要であり、ダラダラと過ごしてしまっては、後々、かなりしんどいことになりかねません。

 

休校処置をとらずに学習を進めている学校もありますから、公平性にも欠けますが、これが現実といったところですね。

 

学校もなかなかこれといった対策をとれないのが現状なので、ぜひ各家庭でできる最大限の対策をとられることをおすすめしています。

 

学習に役立ちそうなサイトを探してまとめていますので、参考にしていただけたらと思います。

 

授業動画など
スタサプ

授業動画の配信。月額1980円

4年から上の他の学年の動画も見放題なので復習にも役立ちます。

 

e点ネット塾

授業動画の配信。月額2000円

1年生から6年生まで対象。

 

・札幌進学プラザ

授業動画配信。youtube無料

 

・LINE 子供の学び応援サイト

学習教材の無償提供。

 

【進研ゼミ小学講座】


教材の無料提供(一部)

長引く休校措置、GW後も分からない状態

長引くコロナの影響で、いつ学校が再開されるのかも不透明な状況が続いています。

 

学校現場も上からの指示が出ない限り、あまり勝手なこともできない・・

管理職がやりたがらないのかもしれませんが、動けない状態が続いています。

 

現状でできることといえば、学習プリントを印刷して、各家庭の保護者に取りに来てもらうくらいのことです。

 

一教員がかってに動画授業を配信するのも現実的ではありません。

時間と理解さえくれれば、僕も面白い授業動画を撮れる自信はあるんですけどね・・。

 

このままだと、夏まで休校が続くこともありえますね。

そうなると今年は夏休みもないかもしれません。

 

この長引く休校中に子供をどのようにすごさせるか。

本当に重要なことだと思います。

 

なかなか仕事を休めないご庭もあるかと思いますが、

なるべく子供の学習に首をつっ込んで何かしらの課題を与えなければ、

どんどん学習に対する意欲や習慣は薄れていってしまうと思います。

 

みなさんはどのような対応をとられているでしょうか。

もし、学校から出される課題や授業動画だのみであれば、かなりリスキーです。

 

場当たり的な対応でしかないですからね・・。

急遽作成された授業動画、その中身は・・

4月当初から、教育委員会が急ピッチで授業動画の作成に取りかかっているというニュースが流れていました。

いよいよ、配信が始まったようで、いくつかの配信動画をチェックしてみました。

 

自治体によっては、パスワードを入れないと見れなくなっているものもあるようです。

素人だから仕方がない・・といったところですかね

動画の中身は・・・。

制作していないものがあれこれ批判するのはよろしくないと思うんですね。

 

やらなかったらやらないで文句言われるし、やったらやったで文句いわれるしでね。

 

 

あれこれ言うのは申し訳ないのですが、あえて言わせていただくと、正直な感想としては、

これを子供が最後までみて学習するかなぁ・・?

というのが本音です。

 

授業で大事なことの1つに、45分間の流れの中で、いかに子供をゆすぶったり、興味をもたせたりして集中力を持続させることがあります。

 

僕がみた動画は5分のものでしたが、はじめの30秒で、キツっと思ってしまいました。

 

パワーポイントに原稿を読んでかぶせただけのものですが、これを子供は興味をもってみてくれるのかはただただ疑問です。

引用:大阪府HP

 

出典:朝日新聞 横浜市の授業動画の作成の様子

 

きっと授業も上手にされると思うので、もっと、普段通りの授業の話し方で伝えればいいのにって思いますけどね。

 

そういうわけにはいかないのかもしれないですけど、雰囲気からして違和感ありすぎでしょ・・。w

 

がんばっているのは伝わってきます・・

複数の保護者の方にお話を聞く機会がありましたが、

「がんばって作られているのは伝わってきましたね。

ただ、うちの子は全然見てないです・・。」

とおっしゃっていました。

 

このような家庭も多いのではないかと思いますね。

使える無料動画もたくさんある!ただ有料だとさらに有益

というのが僕の本音です。

外出は自粛しても、学びは自粛させてしまっては子供の将来にどんな影響がでるかわかりません。

 

教育委員会もものすごく苦労して、多大な労力をかけて作っているのももちろん理解しなければいけないと思います。

 

ですが、配信動画だのみで子供の学習内容にあまり干渉しないのは、かなりのリスクがあると思います。

 

この期間になにかしらの手を打って学習を進めている子とそうでない子では、学校が再開されたときに大きな学習格差となって表れてしまうでしょうね。

 

学校が始まったとしても、これだけの遅れを通常の期間内に取り戻すことは、現場の感覚としては無理があります。

 

 

学校にも塾にも頼れないこんな時こそ、親があれこれと対策をうっていかないといけないと思います。

これがぶっちゃけたところです。

 

無料でも充分な価値を提供している動画もあります。

北海道の進学塾ですが、熱いです!

 

授業動画が見れますので参考にしてみてください。

出典:札幌進学プラザ

 

進学塾だけあって、講師の先生も教え方が上手だと思います。

4年生からの動画しかないですが、使えるものもあるかと思います!

 

他にもYoutube上にたくさん学べる動画はあります。

無料のそれらを集めて学習するのももちろん無駄ではないですが、手間がかかりますね。

 

そして、専門家がやっているのでなければ、歯抜けの学習になりかねません。

学習は系統立てて、計画的に学ぶ方が効率的でよいと思います。

質の高い学びを求めるなら有料教材は確実

・質の高い授業動画

 

・系統的、計画的な学び

 

・探す手間を省ける

といったことを考えると、無料でこだわるだけでなく有料でも学べる機会を探すことは大事だと思います。

 

有料だけあって、コンテンツの内容は無料とは比較になりません。

 

僕は甥っ子にスタディサプリを勧めました。

学校と塾での学習の目的は根本的に違う

今後、アフターコロナの時代では、学校や塾の学習形態も大きく変わるのかもしれません。

働き方もテレワークが積極的に取り入れられるようになるでしょうしね。

 

今回、教育員会も動画授業を積極的に作成して配信を始めていますが、

そもそも学校の学びと、塾などで講師の先生が教えてくれる学びは、ねらいが全然違います。

 

多くの塾は照準が受験に合格することや、成績をアップさせることに照準をしぼっています。

ですので、どうしても知識や解き方を教え込むことが中心になってきます。

 

なので、動画配信の授業をやっても違和感なく進められるのではないかと思います。

 

文科省が推進している公立学校の学習におけるねらいは、ざっくりいうと”新しい時代を生き抜くことのできる人間力の育成”です。

機械的に解き方を教えて、解かせたり、

決まった語句を大量に覚えさせて、良い点を取らせたりするのではなく、

 

・なぜそうなるのか

・どうすれば解決できるのか

・主体的に協力しあって乗り越えられないか

 

といった、大人になって社会に出た時に必要とする力を、学習活動を通して身につけさせることが狙いです。

成績の結果も大事ですが、人間力を育むことを現場の教員には求められています。

 

大きく求められているものが違うので、授業の構成の仕方も違ってきます。

 

教え込みではなく、子供が主体的に取り組んで、解決していけるようなファシリテーター役として授業を構成していくのが現在の教育界の流れなので、

動画配信での公立学校の授業は適していないのが実情だと思います。

 

とはいえ、そんな悠長なこともいってられないので、委員会も動画作成にのりだしたのだと思いますが、正直、学習効果はうすいように思います。

 

子供を育てることはプロであっても、ビデオを前に授業を収録するのは全くの素人なので、

どのように話せば、伝えれば、見せれば、

子供が集中して学習してくれるのかも分からなくて当然です。

 

なので、委員会だのみで子供の学習を丸投げしてしまったら、あとでつけを払うのは自分かもしれないということは頭にいれておいてください。

甥っ子のスタディアプリを拝見して研究中

現場の状態をよく知る立場ですので、このまま学校のアクションを待っていても埒(らち)が明かないのはあきらかです。

 

とりあえずの対策として、スタディサプリを申し込むようアドバイスしました。

 

14日間無料なので、とりあえずどんなものか体験してみてできそうだったら本申し込みをすればいいってことで。

 

ただ、会員登録をすればすぐに無料で動画を見れるのですが、本数が限られています。

そりゃそうですよね・・。

 

まあ、月々そんなに高くもないですし、学校が始まって必要なければ解約すればいいんじゃないの?

ていう軽い感じで勧めましたね。

 

何度もいいますが、この状況下、親が積極的に打つ手を考えていかないと後でほんとしんどくなります!

 

実際に動画を見せてもらいましたが、さすが分かりやすいです。w

そりゃ専門でやってるだけあって、どれだけ公立の先生ががんばっても勝てませんよ。

 

公立の教師が劣っているという意味ではなく、企画、台本の時点から全然レベルが違いますから。

 

黒板に無駄がないし、声の抑揚もうまい。

むしろ、子供よりも現役教師がみて授業のやり方を学んでもいいんじゃないかと思うくらいです。

 

テキストも見ましたが、

ある講師の方のコメントがはじめのページに書かれていて、これを勧めて良かったなと思いました。

 

それは、

・なぜ算数を勉強する必要があるのか

 

・ただ解き方を学ぶのではなく、なぜそうなるのか?を大切にしましょうというスタンス

が書かれていたからです。

 

先ほど、学校と塾では根本的に学習のねらいが違うとかきましたが、

ただ知識をつめこんで、点数を取るためだけの学習にならないように気をつけながら授業動画を構成していることが理解できました。

 

これすごく大事なことです。

ただ単に、教え込んで良い点を取らせるのは意外と簡単なことなんです。

 

なんにために勉強をするかって、自分の頭でしっかり考えて、あらゆる問題を解決していける能力をつけるためだと思うんですよね。

 

なので、そのスタンスがみられたことは正直、安心しました。

東京都の小中学校の研究校を対象に活用されているので安心

スタディサプリの安心材料のひとつに、東京都の小中学校でICT研究対象として活用されてきたことです。

2016年から始められて、子供の学習能力の向上がみられたというデータが出ています。

 

このコロナでの休校対策として、東京都はスタディサプリを活用するという話も聞きました。

本当なら全国一斉にスタディサプリを採用すればいいのにって思いますけどね。

 

素人が動画を撮って、編集する労力と人件費を考えれば、頼るところは頼ったらいいのになと思うわけですが。

迷っている時間がもったいないというか・・・

さいごにお伝えしたいことは、

迷っている時間はとてももったいないと思います。

 

3月の休校処置から約2か月間、子供の学習する時間が十分に確保されてこなかったわけですが、

逆を言えば、この2か月間でやりようによっては、とてつもなく学習を進められるチャンスも、これまでの遅れを確実に挽回することもできたはずです。

 

そして、この先もまだいつ再開されるか分からない状態ですから、この先をどのように子供に過ごさせるかで、子供の未来も変わってくるかもしれません。

 

その時に後悔しても時間は戻ってきません。

 

何度も言いますが、学校現場は上からの指示がでないことには、なかなか自由に動くことができません。

 

授業動画を勝手に配信することもできないですし、子供のサポートを個別でしてあげられることもできません。

 

子供の未来を握っているのは、間違いなくご両親です。

 

無料でも有料でも構わないので、とりあえず有益そうなのものを選んであげて、ある意味、一日のノルマを課して過ごさせてあげてください。

 

この休校の時間が有益な時間になりますよう心から願っております。

 

以下にリンクを貼っておきますので参考にしてみてくださいね。

授業動画などスタサプ

授業動画の配信。月額1980円

4年から上の他の学年の動画も見放題なので復習にも役立ちます。

 

e点ネット塾

授業動画の配信。月額2000円

1年生から6年生まで対象。

 

・札幌進学プラザ

授業動画配信。youtube無料

 

・LINE 子供の学び応援サイト

学習教材の無償提供。

 

【進研ゼミ小学講座】


教材の無料提供(一部)

参考になれば幸いです!

貴重なお時間をありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です