話題のオンライン家庭教師4社を徹底比較【教員のおすすめはココ!】

お母さん

オンライン家庭教師がいいっていうのはよく聞くんだけど、ネットで調べてみても会社がたくさんありすぎて選びきれないのよね・・。

どんな感じでするのかもわからないし、受けさせるまでにいろいろとハードルが高いわ・・。

ディラン先生

そうですね!

オンライン家庭教師は、時代に合った効率的な学習形態だと思います。

 

僕もいろいろな会社をチェックしてみましたが、すぐに判断するのは難しいです。

 

リスクは最小限にして、受けさせるなら一番良いところを受けさせたいですよね。

 

話題のオンライン家庭教師を数社ピックアップして教師目線で比較してみましたので、参考にしてみてください!

こんにちは!ディラン先生です。

当ブログにお越しくださりありがとうございます。

 

本記事は、話題のオンライン家庭教師4社を徹底比較【教員のおすすめはココ!】というテーマで書かれています。

 

本記事のまとめ・それぞれの会社によって特徴がちがうので、ねらいを明確にする

 

・【時間・質・料金】バランスのとれたオンライン家庭教師はココ!

 

・リスクを減らすために無料体験は必須です

ディラン先生の経歴はこんな感じ

僕は30歳の時に会社員から教員に転職。小学校教員として10年目。

 

現在は教員の新しい働き方を模索しながら、フリーランスティーチャーへの準備を進めています。

 

教育ブログを始めて1年近く経ち、現在は1か月に1万回ほど閲覧していただいております。

 

また、Youtuberやメンタルコーチとしても活動中です。

オンライン学習は一気に加速する!

2020年を境に、オンラインでの学習が一気に加速していくことが予想されます。

コロナの影響で、数年分が前倒しになり進められていくことでしょう。

 

小・中学生にとってもオンライン学習は必須アイテムになってくるかと思います。

特に家庭教師では、オンラインの方が効率的で、低価格になるので今後、需要が高まっていくだろうと考えています。

 

ということで、数あるオンライン家庭教師の中から、話題の数社を比較してみましたので、受講の参考にしていただけたらと思います!

話題のオンライン家庭教師を比較

インターネット家庭教師Netty


料金 週1回(月4回) 1コマ50分

小学1・2・3年生(8,000円)

4・5年生(10,000円) 6年生(11,000)

入会金 いまなら22,000円が無料体験を申し込むと0円
講師の質 一流国立大、早慶の現役学生が多数
講師の数 登録者数 7万人
使用機材 Webカメラ・ヘッドセットは無料貸し出し

 

PC・タブレット・スマホのいずれかが必要

ペンタブレットを推奨(Wacom Intuos S ベーシック/8145円)

デメリット

【準備物】

Netttyを選ぶデメリットですが、

使用機材は、WEbカメラとヘッドセットは無料で貸し出してくれますが、ペンタブレットは自分で用意しないといけません。

(もともとタブレットをお持ちであれば、ペンだけを用意すれば対応できるかと思います。)

 

これはNettyに限らず、オンライン家庭教師を受けるのであれば必ず必要になってくる機材になります。

会社によっては、Webカメラやヘッドセットも自前で用意する必要があるところもあるので、事前の確認が必要です。

 

Nettyで推奨している、Wacom Intuos S ベーシックはネットで購入できますし、それほど高価ではないものなので、今後もオンライン学習を取り入れていくのであれば、この機会に購入を検討されてもよいのかもしれませんね。

ワコム ペンタブレット Smallベーシック

 

【講師の質】

登録者数が7万人と圧倒的に多いのは、Nettyの特徴であり、魅力の一つですが、講師の指導力の向上にどこまで目が行き届いているかが不安材料であります。

 

講師との相性が合わなかったり、教え方がいまいちだったりすればすぐに変更してもらえるので、お子さんにあった講師を合うまで探す必要があるかもしれません。

メリット

家庭教師の老舗とあって、安心・安定感があります。

価格的にはそれほど高くもなく、コースにもよりますが他のオンライン家庭教師と比べるとむしろ安いです。

 

コースの内容は多彩で、コースごとに専門の担当者がついてくれるので安心ですね。

【講師の学歴】

一流大学に在籍する講師が多いのがメリットだと思います。

分からない問題を教えてもらうだけでなく、どのように、どれくらい学習すればよいのかというようなことも吸収できるチャンスがあります。

 

高学歴になるほど、効率的な学習の方法を確立している印象がありますから、

そのような先輩に早い時期からふれておくことは本人にとっても良い影響があるのではないでしょうか。

 

【講師の在籍数】

講師の登録者数が全国に7万人いるのも魅力の一つです。

お子さんとの相性やスケジュールが合わなかった際に、担当の講師をすぐに変更してもらえるかどうかは重要なポイントです。

 

講師の在籍数が少ない教室では、担任制を採用していてなかなか思うような対応がとってもらいにくいところもあるようです。

 

Nettyでは同じ担当の講師に続けて教えてもらうこともできますし、すぐに担当者を変えてもらえることもできる部分は安心かと思います。

 

全国に講師が在籍するので、例えば九州に住んでいながら、東大生に教えてもらうことも可能になってきます。

 

【入会金が0円】

今なら無料体験を受けたあとに入会すれば、入会金が無料になるキャンペーンを実施しているのが嬉しいところですね。

期間限定のキャンペーンなので、無料の際に入会をすませておかないと22,000円の損になってしまいます。

 

次に紹介するe-Liveオンライン家庭教師の入会金は26、000円なので、無料体験を受けるだけで0円になるのはかなりお得ですね。

無料体験で入会金が0円に

 

オンライン家庭教師e─Live


料金 週1回(月4回) 1コマ30分

小学1~6年生

Sランク(12,000円) Aランク(8,000円) Bランク(6,000円) Cランク(4,000円)

入会金 26,000円
講師の質 ランク付けされており、一流国立大はSランク
講師の数 HP掲載数 436人
使用機材 Webカメラ・ヘッドセット・ペンタブレット(貸出・有料もしくは購入)

PC・タブレット・スマホのいずれかが必要

デメリット

料金は他のオンライン(インターネット)家庭教師と比べると、高めの設定になっています。

教師の大学によって価格がランク分けされているので、一流国立大の学生を選ぶと受講費も高くなってしまいます。

 

そこがメリットでもありデメリットでもあるところです。

 

1コマが30分なので、あっというまに終了ということも起こりうるので、2コマとるのが自然かもしれません。

 

そうなると、Sランクで1か月24,000円と、そこそこ額が上がってしまいます。

 

とはいえ、塾やオンラインでない家庭教師に比べれば安い価格設定ではありますが。

 

講師の質は高いけど、受講料も高くなるというところが、e-Liveの特徴でもあり、デメリットでもあります。

 

機材は無料貸し出しではなく、有料か購入になるので、その点はNettyがお得かなと感じますね。

 

無料体験でお子様にあったコースの相談や授業の様子が体験できるので、すぐに入会せずに試してみることをおススメします。

メリット

教師の在籍大学ははっきりランク分けされているので、希望の大学生を選びやすい形態になっています。

 

登録者の顔と大学名がサイトに掲載されているので、選ぶ際の参考にしやすいかと思います。

 

また、講師は一般募集はしておらず、e-Liveの卒業生か講師からの紹介がなければ働けないというシステムをとっているそうです。

 

このようにして講師の質を保っているのでしょうね。

 

事前にオンライン環境の説明や、授業の練習、教師からのあいさつの連絡など、こまかいところまで丁寧にサービスが行き届いている印象がありますね。

 

受講時間は平日の夜9時以降や、土日の午前中なども受けられるので自由度が高く、スケジュールを組みやすいのが大きなメリットです。

 

無料体験の申し込みはこちらから

 

家庭教師のしろくま

 

料金 1コマ90分 (3,300円)

120分 (4,400円))

システム管理費(なし)

入会金 11,000円
講師の質 国立大、有名私立大
講師の数 22名
使用機材 Webカメラ(貸出可)・ヘッドセットは要確認

PC・タブレット・スマホのいずれかが必要

デメリット

【無料カウンセリング】

家庭教師の決定のまえに、カウンセリングを受けることがメリットであり、デメリットでもあるかと思います。

ご家庭によっては仕事で忙しいため、2時間も都合がつけにくい場合もあるでしょうから。

 

そのような忙しい保護者のために、土日・祝や朝から夜まで対応可能だということなので、融通は聞いてもらえそうな感じですね。

 

お子さんの状況や勉強の仕方なども詳しく教えてくれるので、受けて損はないでしょうが、2時間が長いと感じる親御さんにとってはためらってしまう点かもしれないですね。

 

現在、コロナの影響もありますし、できるだけ訪問は避けたいところですが、はじめの無料カウンセリングだけは訪問型で行わないといけないのが、この時期はデメリットと言えます。

 

無料カウンセリングはコロナが落ち着てからの方がよいのかもしれませんね。

 

【受講料】

1回の授業料が90分で3,300円なので、1か月に受ける回数を増やせば当然、月謝は高くなってしまいます。

 

他の家庭教師と比べて、大きな開きはありませんが、1コマの料金は1、000円ほど高いです。

その分、ダントツで授業時間が長いので、時間か料金のどちらを取るかですね。

 

メリット

まず、しろくまのメリットは無料カウンセリングにて勉強のやり方や、成績の伸ばし方、塾との違いなどについて教えてもらえるところです。

 

結果的に入会しなかったとしても、学習で悩まれている親御さんにとってはメリットしかないかと思います。

2時間、しっかり話を聴いてもらえる機会はそんなにないですからね。

 

学校の教師もじっくり時間を取って話を聴きたいところですが、例えば1対30人クラスの対応だと、どうしてもきめ細かな対応ができなくなってきます。

 

無料カウンセリングをきっかけに、今後の学習をどのように進めていけばよいのか検討されてもよいかもしれませんね!

 

つぎに、料金設定ですが、1か月に4コマ受けるとすると、13、200円になります。

 

これは、Nettyにくらべると、2~4千円近い差になりますが、その分、1コマが他のオンライン家庭教師に比べて、90分・120分と長い設定になっています。

 

1か月に何コマ受けるかは自由に決められるので、2コマ、3コマに減らせばむしろ一番リーズナブルに受けることができます。

 

がっつり家庭教師を受けるまではいかないでも、ちょっとフォローしてもらえると助かるなぁというご家庭にも合っているかもしれないですね。

 

訪問型の家庭教師も行っていますが、受講費が6600円と倍の設定なのでオンラインの方が断然お得ですね。

 

講師の数はNettyやe-Liveに比べると劣りますが、国立大や私学の有名大学に在籍する講師も多数いるため安心して受けられるかと思います。

 

講師の希望もできる限り融通をきかせてくれるそうなので、講師選びもしっかり時間をかけたいところですね。

無料カウンセリングの申し込みはこちら

しろくま公式サイト

 

ネット家庭教師【家庭ネット】


料金 1コマ25分

小学4・5・6年生(はじめの4コマ700円/以降1,000円)

中学受験コース(1,500円)

システム管理費(2,000円/月)

入会金 20,000円
講師の質 九州大生が2名
講師の数 4名+アドバイザー2名
使用機材 Webカメラ・ヘッドセットは自身で用意

PC・タブレット・スマホのいずれかが必要

デメリット

【安くみえる授業料】

授業料が、はじめの4コマまでは700円と格安に設定されているのはありがたいことです。

ただそれ以降は1000円になってしまいます。

 

1コマが25分と短く、例えば1回に4コマ、100分をとると、1回の授業料は4000円になってしまうんですよね。

 

そうすると、先ほど紹介した家庭教師のしろくまの、90分・3300円や120分・4400円の方が圧倒的にお得なのがわかります。

 

それと、システム管理費があるために、授業料は最安値でも、結局のところ他社と変わらない価格帯になっています。

 

【講師の数が少ない】

公式サイトに掲載されている講師の情報からの推測になりますが、講師の在籍数は他社よりもだいぶ少ないように思えます。

少数精鋭で運営しているのかもしれませんが、基本的に担当の講師は固定制なので、お子さんとの相性が合わなかった際に少し面倒になるかもしれません。

 

一応、担当者の変更も可能とありますが、少ない講師陣のなかでの変更ですから、優秀な方にあたる確率も低くなってしまうのはさけられないところです。

メリット

1回の授業を、2コマ(50分)で受けると、2000円なので他社よりもリーズナブルです。

1か月に4回(週1)で受けると、8,000円になるので、Nettyの1・2・3年生コースと同じ価格になります。

 

ただし、システム管理費が毎月2、000円かかってくるので、結局、最低でも10000円は払うことになります。

無料体験はこちらから

おすすめのオンライン家庭教師はここ!

オンライン家庭教師4社について解説してきましたが、それぞれの特徴があり一概に比較はできませんが、料金の安さ、講師の質などのバランスからみると、 インターネット家庭教師Nettyが一番安定しているかと思います。

 

お子さんとの相性や親御さんの意図(ねらい)によって、選ぶ基準はさまざまだと思いますので参考になればと思います。

 

ですが、すぐに入会を決めてしまうのではなく、オンライン家庭教師ではたいがいどこの教室でも無料体験が受けられるようになっているので、

 

いくつかの教室を受講してみてから、お子さんにあった教室を選ぶ方が、入会金をムダにしないなどのリスクを回避することができます。

 

オンライン家庭教師について詳しくこの記事でも解説していますので、参考にしてみてくださいね!

料金・質・時間のバランスなら

 インターネット家庭教師Netty

講師の質を優先なら

オンライン家庭教師e─Live

授業の時間を優先なら

家庭教師のしろくま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です