【Twitterで炎上】教員オワコン発言で考えるこれからの授業や教員のあり方について

 

Twitterで「教員はオワコン」発言がプチ炎上

教員のせいいちろう先生@学燃主任がTwitterで発信した、「教員はオワコン」発言がプチ炎上中でした。

 

内容は読んでの通りですが、5G時代が到来すれば一人の超授業うまい教師の動画で完結するんじゃねーの?ってことです。

 

東進ハイスクールのような感じですかね。

この考え自体は、私も数年前から可能性はゼロではないと思っていました。

 

正直、このつぶやきを読んだとき思ったのはyoutube講演家の鴨頭さんの影響を強くうけているのかなと思いました。

動画でこのようなこと話しているのを聞いたことがあるので。

 

案の定、鴨頭さんのスクール卒業生で、ホリエモンさんやイケハヤさんからの影響を強く受けていると自身のyoutubeで話していました。

意識高い系の教師ですね。

 

私自身はこの文面を読んだ時に、

「ああそうなんだー。そうなのね。」

と、いろんな人がいるなくらいで流していました。

 

Twitterで発信している教師っていろんな考えの方いるので、いちいち反応してたら疲れます。

 

そして、翌日再びTwitterをのぞくとプチ炎上していました。

ディラン先生

派手にやってるねー!

リツイートの声

120くらいのリツイートがあり、大半は教員による怒りの反論や質問でした。

なかには教育動画を配信をしている一般の方や学生?まで参戦となりカオスな状態でした。

 

20日時点で削除されて見れなくなってしまっていますね。

 

リツイートの声

・他人の職業を否定するようなことを言わないでほしい

・youtubeに誘導する炎上商法なんじゃないんですか

・子ども大好き教員ってどういうこと?

・子どものやる気を引き出すのは対面しかできません

といった否定的なコメントが多いように思いました。

 

ですが、608のいいねもついているので、肯定的な考えの方もほんとはもっといるんじゃないかなと思います。

 

このつぶやきの内容が良いとか悪いとかをここで書いてもしかたないので、「教員はオワコン」発言を受けて、これからの授業や教員のあり方について考えを書いていこうと思います。

 

超授業が上手い教師の動画で基礎基本は習得できる?!

一人の超ウマ教師による動画授業によって、基礎基本は習得できるかどうかですが、決まっている答え、つまり「正答」を見つけ出すための学習であればできるかと思います。

 

1+1=2

〇と〇を一緒に手のひらで持つと、いくつになる?

ふたつだよね。

 

これを、イチ たす イチ は ニ というんだよ。

これは答えが決まっていますよね。

 

決まっている答えを導き出すために、公式や考え方を教師が教え込むこと自体はそこまで難しいことではありません。

 

進学塾などのように、点数を取らせることに特化していれば林修先生のようなすごい教師が動画で教え込むのは、効果があるかもしれません。

 

きまり通りの手順で学習していけば、力がついていく。

これは今私がチャレンジしているプログラミングの学習も同じことです。

 

学習のすべてが教え込みで完結するものであれば、動画での一斉学習は成り立つと思います。

 

けれども、学校教育で求められているのは、一斉の教え込み教育ではなく、子どもが主体的に学習に取り組んで、自ら問題を解決していける能力を育むことなので・・。

 

そもそもの狙いが違っているということが、違和感を生み、批判を招く原因の一つになったのではないかと思います。

 

そして、公立の学校にはいろんな子どもが集まります。

・私学を目指している子

 

・学習が苦手な子

 

・集中が続かない子

 

・破壊する子

 

・見るよりも聞く方が得意な子

 

・自力で何でもやりたい子など

能力が全て違う対象に1つの方法で完結できると考えるのは安直ではないかと思います。

 

今教えている教師が個別の塾のように横でサポートすることもなきにしもあらずですが。

 

とっとと受験に役立つ学習を教えて欲しい子には効果的かもしれませんが、そんな意識高い系の子はクラスの2割程度です。

 

環境次第では可能性はあがる?!

ただし、学校のITのインフラが凄まじく整って、一人1台のタブレット常備でどこでも回線つなぎ放題のような環境になれば、個別で学ぶ授業では可能になるかもしれません。

 

だけど、現場ではたらく者の意見としては、学校のやることは全てにおいて遅すぎる!!

これにつきます。

 

やっとここ数年でタブレットが各学校に導入されはじめたのですが、何台かご存知ですか?

 

学校に40台とかのレベルですよ。

1クラスが使ってしまっていたら、もうその時間は使えなくて、事前に予約しておかないと丸1日使えないことだってあります。

 

小規模校ならまだしも、大規模校で40台となると、積極的に使う気になんてなれません。

 

そして、かつて41人のクラスだったので、1台足りないということがリアルにありました。

私個人のiPadを使わせていましたが・・。

 

そんな原始時代からやっと抜け出しつつある状況なので、5G時代が到来しようとも上層部の方たちが変わっていかない限り、超デジタル化の波が現場に降りてくるのはずいぶん先になると思います。

 

授業が上手いの定義って何だろう

超ウマ教師が一人で動画授業すれば基礎基本はつけられるって話ですが、そもそも授業が上手いの定義は何なのかと思いました。

 

正直、解き方や答えの見つけ方を教え込む授業をするのはそんなに難しいことではありません。

素人でも指導書を見ながら、即興でできます。

 

ですが、教え込みばかリしかできない教師の授業力は低いと私は思っています。

(小学校においては、ということにしておきましょう。)

 

どちらかといえば、

・子どもが自分からこれ何だろう?どうなってんだろう?と思えるような仕掛けづくりが上手い

 

・子どもが積極的になる”あおり”がうまい

 

・思考を深める問いが絶妙

 

・話し合いやグループ活動時のタイムキープや空気を読む力

 

・嫌にならない程度で子どもを悩ませて考えさせる

 

・気づいたら自分で解けている状況にもっていける

というようなファシリテーター的な役回りができる教師が授業が上手いと私は思っています。

授業の主役は教師ではなく子どもです。

 

なので、私の思う授業の上手い教師ではビデオ学習は向いていないなと思っています。

その場、その時の空気感を読んで微調整できるのは、経験と学びを積まないと身につかない職人技です。

 

インフルエンサーが言う『学校オワコン』の真意は?

私はホリエモンさんの発信する情報はすごく為になると思っているので、youtubeでもよく見ています。

 

「すべての教育は洗脳である」という著書は、ぜひ多くの教員に読んでもらいたい1冊です。

 

そんなホリエモンさんや、イケハヤさん、鴨頭さんやN国代表の立花さんなどのインフルエンサーが揃って、学校は無駄だと言っています。

 

私もどちらかといえば、学校否定派なので共感できる主張は多くあります。

そしてこの方たちが言う『学校オワコン』の真意て何なのかと私なりに考えてみました。

・現代社会が求めていることと学校で求められることとの開きが大きすぎる

 

・労働者の生産工場はもういらない

 

・WGIPも知らない教員が多すぎる

 

・学び方の選択権も与えられずに、同じ場所、同じ人間関係で何年も過ごさせることはデメリットでしかない

 

・画一的な教育が個性を殺す

 

・結局、学ばない無能な教師が多すぎる

こんな感じで、「今の時代、学校なんて必要ねーよ!!いくらでも選択肢は作れるし」

っていうのが、『学校オワコン』たるゆえんなのかなと思いました。

 

まぁですが、個人的には30年前から教師はオワコンだと思っていましたし、それに比べれば現代の教師の方がよっぽど真面目で優秀だとは思います。

 

ただ、固定化された価値観、機能していない組織は早急に変わっていかないといけないと思います。

これからの教師はどうなっていくのか

働き方もふくめて、今のままであり続けることはまずないと思います。

いっそのこと教育も民営化されれば、もっと教育の質はあがるのかもしれません。

 

教員は危機感をもって、自分磨きを続ける必要があると思います。

そうでない教師はいずれ淘汰されていくと、個人的に願っています。

 

そして、教職だけに限らずあらゆるスキルを身につけておいた方がよいと思っています。

 

私はこの2年間、ブログやyoutubeでの情報発信やコーチング・カウンセリング、プログラミングなどを学んで自分の価値を高めるようにしています。

 

それらの経験・準備が先行き不透明な今後に必ず生きてくると思うからです。

教員を辞めたい!転職・独立したいと思ってすぐに始めた事6つ【現役教師の体験談】

さいごに

Twitterでは本意は伝わらない

Twitterは発信できる文字数が限られているので、なかなか自分の思っている通りのことが伝わりにくいものです。

 

1文を読んだだけでも、読み手によっては何通りの解釈もできます。

だから発信者は気をつけろ!ではなくて、不快な思いをするならスルーなりブロックすればいいだけの話だと私は思っています。

 

寝る前に彼のツイートを読みましたが、「いろんな奴がおるなぁ。はいさいなら」で流れていきました。

 

そこで相手を正そうとするのはナンセンスだし、100%変わらない。

自分の考えや価値観が正しいとは限らないですしね。

 

いろんな教員がよってたかって抗議している光景はある種異様であり、集団リンチのようにも思えました。

ネガティブな情報が降りかかってくるようなら、スルーかブロックが一番です。

 

最後の締めの言葉が・・

結局、教育界に求められる人材は「子ども大好き教員」となる。

 

と閉めていたのですが、これが超絶微妙だなと思いました。

ドテーっとすべった感じです。

酔ってたのかなと思うくらい。

 

ツッコミどころ満載かつ、いまいち主張が分かりません。

・ロリコン教師、よく捕まってるぞー!

 

・好きだけでは教師はやってけない

 

・大好き教員はすでにいっぱいいる

 

・授業大好き教員は子ども大好きじゃないのー

というようなツッコミが聞こえてきそうです。

 

私の提案としては、

結局、教育界に求められる人材は、

僕のように柔軟で新しい価値観を取り入れて変化していけるネクストティーチャーリーダー!

ファッキュー!

で閉めてはどうかと思います。

 

そうすればさらに大炎上してyoutubeへの流入が増えるのにと思いました。

 

なんだかんだで、どの方も教育に対して本気で取り組まれているなということが、ビリビリと伝わってきました。

 

子どもの明るい未来のために、せいいちろう先生のような魁(さきがけ)も必要ですし、マジメに現場を支える教員もまた貴重な人材だと思います。

 

みなさん仲良くやっていきましょー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です