小学校の通知表【よくできる】がつくポイントは?成績のつけ方を小学校教師が解説!!

パパ&ママ

今回の通知表も相変わらず代わり映えのしない内容だなぁ・・・。

 

あの子なりにがんばってはいるようなんだけど。

 

平均的な成績から抜け出すことできないのかなぁ。

ディラン先生

評価を上げることは朝飯前ですよ!

ただし本人の努力は必要ですけどもね。

 

【よくできる】評価を増やすには5つのポイントをクリアできれば大丈夫です!!

パパ&ママ

そもそも小学校の成績ってどうやってつけられているんですか??

 

懇談会でもあまり詳しいところまでは教えてくれないですが。

ディラン先生

たしかに一般的にはあまり知られていないかもしれないですね。

 

知られたくない事実でもあるのかなぁ・・・??

 

あはははは。

 

かなり詳しく説明しますので楽しみにしててくださいね。

 

事前に【よくできる】の基準を知っていれば、お子さんも目標をもって取り組めますね!

 

当ブログにお越しくださりありがとうございます。

 

今回は、通知表の【よくできる】がつくポイントと成績のつけ方について書いてみました。

 

わが子の現時点での学力を知るための指標となる通知表ですが、いったいどのような基準で、どのような方法で作成されているのか気になったことはないでしょうか。

 

子どもにとっても、親にとっても重要なものであるにも関わらず、その作成方法や選定基準について具体的な内容が知らされていないことに違和感を覚えた人は少なくないはずです。

(担任によっては、成績の基準を個人懇談や学級通信などで伝えるケースもありますが稀です)

 

これまで小学校教師として数百名の成績をつけてきた経験をもとに、【よくできる】がつけられるポイントと、どのように通知表の成績がつけられているのかを解説していきたいと思います。

ぜひ最後まで読んでいただき、参考にしていただけたらと思います。

 

非公開: 教育委員会の動画配信は頼れない【有益なオンライン学習サイトを紹介】

【よくできる】がつくポイントは?

①テストの平均が95点以上ある

 

②課題の提出を守れている
(かつ、クオリティが高い)

 

③ミニテストも確実に良い点数

 

④授業中に積極的に発言や活動をする

 

⑤頑張っている姿を印象づけておく

①~⑤のポイントをおさえていれば、小学校では確実に【よくできる】の評価がつきます。

 

そして、以下ような流れで成績がつけられていきます。

成績のつけ方
・テストの結果を重視

 

・点数を集計ソフトに入力・順位づけ

 

・提出物の確認/評価

 

・ミニテストの結果で人数調整

 

・授業の態度で加点・減点

 

・主観による微調整

それでは成績のつけ方と【よくできる】ポイントについて詳しく説明していきたいと思います!

テストの結果を重視

評価の大部分はペーパーテストの結果が主流

まず、成績をつけるうえで外せないのがペーパーテストの結果です。

いくら時代が変わってペーパーテストが全てじゃないと言っても、結局のところ評価の大部分を占めているのは、ペーパーテストの結果です。

 

ペーパーテストの利点として、客観的事実が残り、成績をつけやすいということとクレーム対応がしやすいということがあります。

 

もし通知表に【よくできる】をつけないことで保護者からクレームが入ったら、教師はその評価をつけた意図を説明しなければいけません。

 

その際に役立つのが、【テストの結果】です。

担任

〇〇さんは、全体的にはよくできていますし、提出物もきちんと出しています。

 

ですが、2回目と4回目のテストが【よくできる】の基準を下回っているため今回は【できる】とさせていただきました。

と、説明することができます。

 

海外では、幼い子どもに対してペーパーテストでの評価を禁止する動きもありますが、そうなると全てが担任の主観的な評価になってしまいます。

 

主観的な評価自体は悪いことではないですが、そうなると教師の仕事はさらに膨大なものになるでしょうね。

 

いままで以上に子どもの活動を細かく観察し、記録していかないといけなくなるからです。

というわけで、今も昔も変わらず成績の大部分はペーパーテストであることは変わっていません。

 

ペーパーテストが行えない体育や図工などはあらかじめ教師が評価の基準点を設定しておき、ほぼほぼ教師の主観で割り振っていきます。

 

 

今後テストはなくなる?!

2018年に千代田区、麹町中学校の工藤勇一校長は中間・期末の定期テストを廃止する改革を行いました。

ですが、実力テストと単元テストの数は増えたようで、学校教育においてペーパーテストは切っても切れないものなのでしょうね。

 

集計ソフトにて成績を管理

テストの結果をその都度打ち込んでいけば、平均値や順位などを自動的に出してくれるソフトを教師の多くは使っているかと思います。

(手書きの教師もいますが、使っていないと、とてつもなく時間がかかります)

 

他に教材会社から無料で配布される集計ソフトに打ち込んで成績を管理する教師もいます。

 

個人情報ですから紛失や流出したらえらい事になってしまうので、取り扱いが年々厳しくなっています

集計ソフトに、

・100点~95点までは【よくできる】

・ 94点~40点までは【できる】

・ 39点~ 0点までは【がんばろう】

というように、はじめに評価基準を設定しておいて、おおよその成績分布を把握します。

 

【よくできる】の割合が多すぎる場合は、ミニテストや提出物、授業態度などで調整することもあります。

 

学年や学級、テストの平均点により【よくできる】がもらえる基準点は異なりますますが、おおよそ95点~100点の平均点を取れていたら【よくできる】がつきやすくなります。

 

ディラン先生

【よくできる】がつくポイント①

テストの平均が95点以上あること

提出物の確認・評価

提出物の評価は通知表に意外と影響します。

その理由はいくつかあります。

①テストの平均点に差がないときに、差別化するため

 

②出さなくても『良い評価』はもらえると思わせないため

 

③課題を出した教師の気が済まないため

①成績の差別化を図る

小学校のテストは主に市販のものを使います。

発注する業者によっては、ものすごく簡単な内容のテストもあります。

簡単な内容のテストだとクラスの平均点は全体的にあがり、テストだけでは差別化が図れません。

 

もちろん、今は絶対評価で成績をつけることになっている(※記事最下段に補足説明あり)ので、

全員が良い成績であれば、全員に【よくできる】をつければよいのですが、現実問題、純粋な絶対評価はつけられないのが教育現場のリアルです。

 

【小学校の成績】通知表は過信してはいけない2つの理由を小学校教師が解説

 

②出さなくても『良い評価』はもらえると思わせないため

課題は時にしんどさや面倒くささを伴うものもあり、やらずにやり過ごしたいと思う子どももいます。

 

テストの点数だけ取れていたら、良い評価がもらえるという経験をさせてしまうと、しんどい事をことどとく避けるようになってしまう恐れがあります。

 

なので、提出物がほとんど出ていない状態でいくらペーパーテストが良くても、良い評価がもらえないのが一般的です。

 

③先生の気が済まない

教師も人間なので、主観的な感情が評価に入ってしまうこともあります。

提出物を出さないことに過剰に怒ったり、とことん絞り上げる教師をこれまで何人も見たことがあります。

 

「あぁ、気が済まないんだなあ」

 

 

と思いながら職員室での会話を聞いていたこともあります。

 

どれだけ脅され?ても最終的に提出しない子ども当然いるわけで、そういう場合【がんばろう】がつけられることがあります。

 

ディラン先生

【よくできる】がつくポイント②

 

課題の提出を守れている
(かつ、クオリティが高い)

 

ミニテストの結果で人数調整

国語であれば漢字10問テストや音読テスト、他の教科でも学習のあいまに主要な大テストとは別に、ミニテストを行っている学級は多いかと思います。

 

大テストより負担が少なく、頻繁に行うことにより、学習の定着に活用されたりします。

 

これらも提出物と同じく、テストの平均点が【よくできる】の基準に達している子がたくさんいすぎて、差別化が図れない場合に活用されることがあります。

 

残念ながら、いくらミニテストが毎回満点で良かったとしても、本番の大テストで点数が低ければ【よくできる】はもらえないと考えた方がよいでしょう。

 

ディラン先生

【よくできる】がつくポイント③


ミニテストも確実に良い点数である

 

授業の態度で加点・減点

授業態度が良い、悪いの判断は教師の主観的な評価によることろが大きいです。

授業に参加せずにおしゃべりばかりしている子や、授業中寝ているといったことがない限り減点されることはあまりないと思います。

 

態度の悪い児童に、プレッシャーをかける狙いで「成績から減点するよ」と声かけをしている教師はいるかと思います。

 

授業態度に関しては中学校の方がシビアで、内申点に影響するので今後も気をつけないといけません。

 

逆に、授業中に積極的に発言をしたり、活動をする子の姿は教師の目に留まります。

教師手帳にメモしておき、成績決めの参考にする教師もいます。

 

ディラン先生

【よくできる】がつくポイント④

 

授業中に積極的に発言や活動をする

主観による微調整

成績を決定する最終段階は、教師の主観による微調整です。

若干、基準点には達していないが、授業態度も良く、提出物も確実に出しているので、今回は【よくできる】をつけてあげよう!

ということもあります。

 

また、逆の例では、テストの成績は申し分がないが、提出物をいい加減にやったり、出さなかったりする場合は、【よくできる】ではなく、【できる】にしておこうと判断する場合もあります。

 

あくまで教師の主観であり、その時の状況や好き嫌いも影響するところなので、通知表の信ぴょう性が低いと感じるところです。

 

ディラン先生

【よくできる】がつくポイント⑤

 

頑張っている姿を教師に印象づけておく

 

【補足】評価の仕方について

評価の仕方が相対評価から
絶対評価に変わった

子どもの成績は、2001年までは相対評価でつけられていました。

相対評価とは、例えばクラス全体の

2割が【A】

 

7割が【B】

 

1割が【C】

という割合を学校全体で決めて、クラスごとに成績上位の子から割り振っていくという方法です。

(割合は学校・学年によって異なります)

 

いくら成績の良い子がたくさんいるクラスでも、上位2割の子だけが【A】を獲得できる仕組みです。

 

デメリットとしては、相対的に評価が決まるので、全体的に平均点が低かったとしても必ず上位何割の人に【A】がついてしまいます。

 

また、努力して頑張っても上位に不動の優秀者が君臨していると、いつまでも【A】評価をもらえない子がでてくることがあります。

 

絶対評価は、他者は関係なく、例えば100~95点までを取れば誰でも【A】がもらえる仕組みです。

 

なので、クラス全員に【A】がつく可能性もあります。

 

個人の頑張りをしっかり評価できるので、多くの子どもにとっては絶対評価の方が嬉しいのではないかと思います。

 

ですが、客観的な実力が把握しづらくなってしまい、親にとっては対策が立てにくくなってしまいました。

まとめ

よくできるがつくポイント
①テストの平均が95点以上ある

 

②課題の提出を守れている
(かつ、クオリティが高い)

 

③ミニテストも確実に良い点数

 

④授業中に積極的に発言や活動をする

 

⑤頑張っている姿を教師に印象づけておく

 

成績のつけ方
・テストの結果を重視

 

・点数を集計ソフトに入力・順位づけ

 

・提出物の確認/評価

 

・ミニテストの結果で人数調整

 

・授業の態度で加点・減点

 

・主観による微調整

いかがだったでしょうか。

小学校の成績はおおよそこのようにつけられています。

 

教師により多少のやり方の違いはあるにせよ大体はこのような流れです。

これらを意識して勉強に臨めば、通知表の評価は簡単に上がります。

 

ただし、通知表の評価がお子さんの真の実力を表しているとは言い難いので、そこは注意が必要です!!

 

【休校中の子供の学力保障】各家庭で始めるオンライン学習塾サイト紹介

 

この記事が何かしらのお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでくださりありがとうございました!!

 

ディラン先生がお悩みの解決のお手伝いをします!

カウンセリングやコーチングに興味はあるけど、ちょっとハードルが高そうで受けるまでは・・・

という方もたくさんいるのではないかと思います。

 

僕も3年ほど前まではそうでした。

高額な請求されたらどうしよう・・・だとか、

受けてみてもそこまで良くならないんじゃないか・・とかいろいろと不安要素があるかと思います。

 

こんなことを言ってしまったら元も子もないのですが、

 

実際のところ、100%うまくいくセッションなんてないし、

そもそも、最終は自分自身が解決の鍵をにぎっているので、

 

コーチ、カウンセラーの仕事は解決にむけたお手伝いをするまでです。

 

なので、人によってはうまくいきますし、うまくいかないケースも当然あるということです。

 

心を扱うので、どうしても結果は不確かになってしまいます。

そこにいきなり数万円をぶち込むのって、けっこう勇気いりますよね。

 

当然、コーチ・カウンセラーも仕事ですから報酬は受け取って当然なんですが、

一般人の感覚として、ちゅうちょしてしまうのは当然だと思います。

 

ですが、長引く心の不調や悩みはできるだけ早く解決した方がいいとも思っています。

僕自身、長年、心の不調をだましだましで過ごし、生きづらさを感じてきましたから。

 

3年前にメンタルについての学びを始めてから、ずいぶんと物事のとらえ方が変わり、

世界の見え方も変わったため、日々の生活が楽になりました。

 

なので、当時の僕のように、しんどい思いを抱えながら毎日を過ごしているのであれば、

そこから抜け出すきっかけにしてもらえたらなと思い、無料カウンセリングセッションを行うことにしました。

必要なものは、本気と通信機器と時間のみ!

僕は現在、小学校教員をしていて公務員なので、副業としてカウンセラー業は認められていません。

ただ、もっている技術は自分で言うのもなんですが、上級だと自負しています。

 

それはこれまでのセッションによって変化を生み出せた結果からそのように感じています。

 

今はプロアスリートなど、少数名に限定してサポートを行っていますが、

実践を積まないと腕がなまってしまうという懸念と、より多くの方のお役に立ちたいという思いもあり、

無料カウンセリングを行うことにしました。

 

とはいえ、時間と体に限りがありますので、

冷やかしや依存的な方、カウンセリングスキルを拝借するために受けられる方のお付き合いをしている暇はないんですね・・・スイマセン。

 

なので、受けていただける条件として、

・本気で解決する気のある方

 

・感想をていねいに書いてくださる方

で、8名様限定で募集したいと思います。

 

普通のカウンセリングの相場だと、1万5000円~3万円くらいなので、

かなりお得だと思います。

 

ストレスクリアのコーチングに興味がある方や、

カウンセリングを受けようか二の足を踏んでいる方もよろしければ、試してみてください。

 

セッションの環境

セッションは対面ではなく、スマホやパソコンを使って、通信通話で行います。

zoomかLINE、skypeのアプリを使いますので、どれかを用意してくださいね。

 

集中していただくために、画面に顔を出すこともしませんし、匿名で大丈夫です!

 

静かな環境で受けていただきたいので、一人になれる部屋に移動していただけると効果的です。

 

カウンセリング時間は1時間30分ほどかかるかと思います。

1時間の体験セッションでも5000円くらいするので、無料であっても真剣に行うことを理解いただけるかと思います!

 

セッション後、勧誘など行いませんので安心してくださいね。

ただ、報酬の代わりに、感想を指定のフォーマットに記入していただくことだけご協力ください。

 

今後の自分のスキルの向上につなげるのと、

受けようか迷っている方への参考材料にさせていただきたいためです!!

 

そこだけご協力いただけましたら、あとは何も求めませんのでご安心ください。

 

それでは、カウンセリングを希望の方は、こちらの問い合わせフォームからご連絡ください。

詳しい日程・時間は個別に調整させていただきます!

 

ディラン先生のカウンセリングの内容の詳細を教えます!【お悩み無料相談】

コメントを残す

error: Content is protected !!