【教員いじめ動画】加害教員の処分が決定!甘々な処遇に現在の教育現場のヤバさがある

【動画での解説はこちら】

 

イカリ先生

あの新任、ほんと使えないっすよ。

毎回、ムカムカしてしまいます!!

管理職も、あいつはダメだって言ってましたよ!!

ディラン先生

うーむ・・。

最近、アセリ先生が元気がないのは、このことが関係しているのかな・・これはなんとかせねば!

 

こんにちは、ディラン先生です!(@dylan_sensei)

当ブログにお越しくださり、ありがとうございます!

 

この記事は、神戸の教員いじめ問題加害者教諭の処分が確定!だけど、甘あますぎてあごが外れるわ!!

ということについてまとめました。

 

僕は10年近く小学校教員をしてきましたが、教員による嫌がらせやいじめをリアルに経験してきたこともあります。

 

なんなら、子供との関係よりも、職員同士の関係の悪化で心を病むことが多いのではないかと思うくらいです。

そのような、教育界の闇をこの記事では辛辣にぶった斬っていきたいと思います。

 

このような内容です!

教員いじめ問題①プチヒトラーとよばれてきた前校長の恫喝やパワハラが認定


反省文からかいま見えるヤバさ加減が半端ない女帝H 

 

③学校現場のどの職場でも、上司や同僚によるいじめは起こりうる問題

 

④若い世代の方に伝えたいこと

それでは詳しく解説し、リアルな現場の状況もあわせて書いていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

教頭時代に恫喝やパワハラを継続的に行っていた

2019年11月に東須磨小の教員いじめ動画が問題となりましたよね。

そのいじめに加担していた4人の教諭が大バッシングを浴びて、ネットでも叩かれまくって、懲戒免職が妥当だと言われていたわけですけども。

 

この4人以外にも、自分は知らなかったと、しらばっくれていた前校長もパワハラで処分されることになりました。

 

あたりまえやんけー!!

ってところなんですけども。

 

ただ、今回のいじめ事件の処分ですけど、納得いかない人も多くいるんじゃないかと思うんですよ。

 

懲戒免職処分は2人だけで、中心人物とされる女帝Hと元校長は停職3か月ですよ!!

もう一人の教諭は減給3か月ですしね。

 

被害者の教諭の告発によると、

・落としたプリントを拾おうとしたところ、その紙をふみつけた

 

・職員室で放置されていた使用済み雑巾を頭の上にのせられた

 

・プールの清掃時に石を投げられたり、泥を浴びせられたりした

 

・運動会の準備中に、くぎを打っている際に、わざと金づちで指をうってきた

 

・模造紙の芯で3回程度尻をたたかれ、アザとみみず腫れができた

など、ハラスメントの内容は125項目にものぼるハラスメントが、4教諭や教頭により行われてきたことが明らかになったんですよね。

 

そして、2月21日の処分では、この元教頭は2項目のハラスメントが認定され、停職3か月がいい渡されたんですが、

 

もっとあるやろに~!!

といいたいところです。

 

告発した別の教員に対しても、セクハラやパワハラともとれる言動が行われていたようです。

 

一人の女性教員は、胸のことを面白おかしくいじられて、

「胸ない」「ぺったんこやな」

というようなことを言われたり、

まわりの教員の前で、生理の日を面白おかしく言われることがあったそうです。

 

完全なセクハラですね。

 

あくまで推測の話にはなりますが、立場の弱い20代の若手や女性教員にたいして、このような言動は長年にわたり行われてきていたのではないかと思います。

 

表にはでていないけど、実際にはもっと多くの被害者がいるのではないかと思いますね。

 

ぜひとも、これを機に、多くの被害をうけた教員は声をあげてほしいです。

プチヒトラーと呼ばれる前校長

いじめの被害者の教員が新任で小学校に配属されたのが、2017年で、そこから継続して恫喝やパワハラが行われてきたようです。

 

被害者の教員が懇親会への不参加を申し出たさいに、

「おまえ、俺を敵に回していいんか。顔に泥をぬるのか。」

 

「これに行かんということは、俺のメンツをつぶすってことや。」

という威圧的な言動で参加を強要してきたといいます。

 

また別の場面でも、

「死ね」

 

「つぶす」

 

「俺を怒らせたらどうなるか」

というような言動が、日常茶飯事にあったようです。

 

一般的な感覚からすると、かなり歪みまくってますね。

けど、ここまではひどくなくとも、これに近しいことはけっこうリアルにあるんですよ

ほんと。

 

こんな言動に対して、反発できる教員にたいしてはまずやってこないです。

 

この前校長も、相手が弱くて反発できないと判断した相手に執拗に行っているのだと思います。

僕も講師1年目のときの教頭がかなりのパワハラ気質で有名でしたが、講師1年目なんてほんと何もわかっていなくて、立場も弱いので、これでもかっていうくらいキツイ扱いを受けた経験があります。

 

こちらにはめちゃめちゃ理不尽なことを言ってきても、絶対にベテランの男性教員なんかには食ってかかりません。

むしろ、にこにこと愛想よくふるまっていましたね。

 

なので、こんなクズのようなプチヒトラー教育者は表にでていないだけで、実際は世の中にくさるほどいます。

 

大学でたばかりの若干20歳そこらの教員なんて、定年間際の管理職からしたら、子供と変わりません。

くさった道徳心をもったベテランからすれば”いいカモ”なわけです。

 

いくらでも言うこと聞かせられるし、自分の感情のままぶつけても反発など返ってこないですから。

 

特に管理職はストレスフルな仕事ですから、うっぷんがたまりたい放題なのはお察しします。

ですが、それを立場の弱い若手教員にぶつけて、日本の宝をつぶしてしまう行為は重罪に他ならないと思います。

取材ではいじめの事実は知らないとしらばっくれていた!

報道の取材に対して前校長は、

「いじめられていると思っていなかったので、圧力をかける必要もないし、信じられない気持ちでいっっぱいです」

ということを話していました。

 

この前校長は、まったくもってウソしかついていなかったことになります。

 

子供を教育する側の人間が、人を平気でいじめ、ウソをつき、なかったことにする。

 

前校長は、名前も顔も出されていないわけですが、ハラスメントが事実だと認定されたのであれば、世の中に対してしっかりと事実説明と被害者に対して謝罪を行い、罪をつぐなってほしいものです。

一番の被害者は子供たち

結局、このいじめを通して、告発した教員も被害者なんですけど、

一番の被害者は誰かって、子どもなんですよね。

 

いじめをおこなっていた女帝Hやこの元校長が、こんな甘々な処分で、のうのうと元の生活に戻って、教員でもやろうものなら、

 

「いじめをしても、ウソをついても、

なんだそんな程度の償いでいいのかっ」

て、子供は学びますよね。

 

厳罰化すればよいというだけの問題ではないと思いますけど、この人らように、最初から最後までしらばっくれて逃げ勝ちな姿を許してしまったら、

そこから子供たちが何を学ぶのかって話ですよ。

 

もっと委員会は真剣に考えてほしいものです。

 

道徳教育が教科科さえて、いじめ撲滅にしっかり向き合わないととか言っても、

大人がこんな陰湿なことをやってたら、全く意味がないし、

 

子供もそんな大人の都合のいいウソにだまされるほどアホじゃないですからね。

 

なので生きた道徳教材として、人をイジメて、ウソをつきまくった末は、こんな結末になるんだよってことを、人生をかけて

教えてあげてほしいです。

②反省文から見るヤバさ加減が半端ない女帝H

手を汚さなかったから?コネがあったから? でしょうか、

とにかく処分あまあまです!

 

いじめが発覚した時にだされた反省文からも、この教員のヤバさがうかがい知ることができたわけですけども・・。

 

けっこう痛いですね。

いじめたことに向き合って、反省している感じも見えないし、どこか他人事のように聞こえてしまうのは、僕だけでしょうか。

 

この女帝Hがやってきたこともかなりひどいわけですよ。

よその学級の子供に、学級つぶしたれみたいなことを言ってけしかけたり、

報道でもありましたけど、被害教員に日頃から暴力をふるったり、パワハラをしまくってたんでしょ。

 

体罰やえこひいきもあったようですし、

なんでこれで停職3か月やねん!!

て話ですよ。

 

自分の子供の担任になったら、断固拒否しますよ。

普通の感覚じゃないですか?

親なら。

 

この人が子供に何を教えるのでしょうか・・。

 

差別?いじめ?ウソのつきかた?

 

すべての確証があるわけではないので、あまり細かいことは言えませんけど、

いろいろ裏では忖度があったみたいなことも言われてますから・・。

 

でなきゃ、この処分はおかしいですよ。

上司・同僚によるいじめは、どこでも起こりうる問題

教員の世界は、ほんと閉鎖的な環境なので、いじめが起きやすいんですよ。

 

これまで10年近く教員をやってきて、実際にイジメや嫌がらせをうけたこともありますし、されている状況を目の当たりにしてきたこともあります。

 

僕としては、される側の辛さを十重に分かっていますので、実際に立場の弱い教員が虐げられているのはほっておけませんでした。

 

実際に、職員会議で管理職を相手に抗議したこともありますね。

 

その行為はめちゃめちゃ勇気がいりましたし、正直怖かったです。

 

僕に対して管理職は良くしてくれていたので、背徳感というか、裏切りのような感覚にもなりました。

 

他の教員の目もありますし、自分のやっていることが正しいことなのかどうかも不安になりましたし。

 

ただ、職場の全体に、陰湿な空気がただよっていたのは事実で、こんな状況じゃ子どもに対しても、まともに働くことはできないと思いました。

 

なので、ベテランの方やあなたたちのやっていることは、ハラスメントだしイジメだと全教職員がいる前で訴えました。

 

実際の現場では、陰湿なことが行われても、なかなか声をあげられないのが実際のところです。

いじめの状況を知っていても、へたに関わろうとしない方が身のためと考える教員は少なくないと思います。

 

道徳の授業で子供にはいじめの撲滅を望みますが、実社会では誰しも自分の身をまもることを最優先にするものです。

 

この神戸のいじめ問題が、子供に与える影響は計り知れないものがあります。

道徳なんてやっても意味ないじゃんと、教員自らが体現してしまっているのですからね。

 

せめて望むことは、いじめの加害教諭や元校長には、罪に見合うペナルティーを科してほしいです。

そして、教育の世界に携われなくしていただきたいです。

 

若い世代の方に伝えたいこと

もし、現時点でいじめられている、しんどいと思っている人がいたら、逃げるのが一番です。

 

耐える、我慢するなんていらないです。

イジメする人間が最低というのは確定事項なんですけどね。

 

職場でも、人間的にレベルが低い人間が、人の嫌がることを好んでするんです。

 

だから、そんなアホがいる環境は変わらないから、自分から離れることを選ぶ方が早いし正しい選択なんですね。

 

これは小・中・高の学生でもそうです。

僕は小、中、高でいじめられた経験があるから、いじめに対してはすごく過敏になるのかもしれないですが、

 

いじめられることはかっこわるいことではないし、恥ずかしいことではないです。

 

いじめている人間の脳みそレベルが合わなすぎるだけなんですよ。

 

環境を変えれば、分かってくれる人、分かり合える人は必ず出てくるものです。

僕はそれが大学までかかったけど、結果そこから人生が好転していきました。

 

だから、アホと戦う必要はないし、共存する必要もないんです。

 

居ずらい環境ならすぐに場所を変える準備を進めることが大事だと思います。

 

実際に20代で周りの先輩にイジメられて、働けなくなってしまった子をリアルにみてきたこともあるんですけど、

 

特に若い人に伝えたいことですが、

 

教員より収入も待遇も良い仕事は世の中くさるほどあるんですよ。

 

逆に、社会人経験を積んでから教員としてまたやりたいなと思ってもやり直そうと思ったらいくらでもやり直せる世界なんです。

 

僕も30歳から教員になりましたけど、教員の人数、全然足りてないですからね。

 

だから思い詰める必要はないし、しんどくて、つらいなら休んだらいいし、逃げたらいいと思うんです。

 

おもしろいもので、1つ捨てたら、何か1つ入るようになっているものですから。

 

なので、思いつめることなく、アホにじゃまされることなく、

人生を長い目で楽しんでいただけたらと願っています。

 

貴重なお時間をありがとうございました!

コメントを残す

error: Content is protected !!